山中湖情報創造館スタッフブログ

タグ:山中湖 ( 6 ) タグの人気記事




夜、爪を切ると…⁉山中湖村の俗信

みなさんこんにちは、スタッフの羽田です。
台風一過、昨日は日差しの強い一日でしたね。
温度差に参ってしまいそうですが、この時期、雨が降るとそのまま秋冬に突入することもままあるので、ほっと一安心したような気も…。

台風といえば、巷では「蜂が低いところに巣を作ると台風がくる」と言われているそうですね。
先人たちの知恵から生まれた言い伝えは、無下にできない信憑性があるものです。
この辺りで有名なのは、「富士山が傘をかぶる(傘雲が出る)と雨が振る」というジンクスでしょうか。

こうした俗信、他になにがあるのかな?と気になった方、ぜひ『山中湖村史』第三巻をご覧下さい!
その一部をご紹介すると…

「朝でかける前に汁かけご飯を食べてはいけない」

理由、

お腹が早くすくから(平野)。

なんだか力が抜けちゃいますね笑
この理由、土方仕事の土が崩れる(山中)、人に圧迫を受ける(長池)など、地域によって異なるようです。
経験則からなる知恵とはまた一味違った味わいのある俗信です。

他にも、「シナノキを家のまわりに植えてはいけない(死につながる)」「ヤマユリを植えるとヤマの声(病声)を聞きたがる」「三叉の木は天狗が住んでいるので切るとたたりがある」など植木に関する俗信が多くあったり、
「夜、爪を切るとヨーツメル(早死にする)」という方言が元になったものがあったりと、奥深くも奥浅くもある(⁉)俗信がずらりと列挙されています。

一見堅苦しそうな本ですが、こんなにおもしろい記述があるとは…!
普段読まないような本も、手に取ってみると意外な発見があるものです。
最後にもうひとつ、十五夜にちなんだ俗信をご紹介。

「十五夜にお楽人(裕福な人)の畑からジャガイモや枝豆などを盗めば自分の暮らしが楽になる」

くれぐれも、実行しないようにお願いします!笑



☆今回ご紹介した本はこちら
 『山中湖村史 第三巻』山中湖村史編集委員会∥編[YY 215 ヤ 3]

[PR]



by lib_yamanakako | 2017-09-19 19:14 | 雑記

山中湖で音楽イベント開催中

みなさんこんにちは、スタッフの羽田です。
お盆休みも終わり、8月も残すところ僅かとなりました。
それでもしばらくは、厳しい残暑が続きそうですね。

今日から三日間(8/25-8/27)は、山中湖交流プラザきららにて、音楽イベント「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER」が開催されます。
山中湖では2007年に初めて催され、年々進化をとげているこのイベント。
サカナクションやきゃりーぱみゅぱみゅなど出演アーティストも目白押しで、夏の最後を締めくくるのにぴったりですね!
ちなみに、チケットは完売している模様......。
チケット逃しちゃった!という方(私もその1人です;;)、なんと専用アプリを使ったLIVE配信もされる予定だそう。ぜひチェックしてみてください。
今のところは毎年開催されているようなので、来年にも期待です!

会場となっている交流プラザきららでは、9月にも各種イベントが企画されているようです。
こなみにこのきらら、個人的にお気に入りなのは、「湿生花苑」から「水辺のボードウォーク」を、のんびり散歩すること。その他、セグウェイも体験できるようです!(要予約)
まだ行かれたことのない方、晴れた日に一度足を運んでみてはいかがでしょう。



☆所蔵CDの検索はこちらから(AVにチェックをお入れください)

☆音楽に関する本、以下の他多数ございます
 『A Century Of Jazz(ジャズ100年史)』

[PR]



by lib_yamanakako | 2017-08-25 21:19 | 山中湖イベント

報湖祭


みなさん、こんにちは。スタッフの羽田です。
夏真っ盛りの8月ですが、ここ数日の山中湖は長袖を着たいくらいの寒さです…。

さて、昨日8月1日には、山中湖で報湖祭が開催されました!
早朝から大雨とあいにくの天気でしたが、花火が始まるころには少し小降りに。
無事、きれいな花火を見ることができました102.png
b0341435_19515366.jpg

b0341435_19520739.jpg
写真は山中地区の花火です。

毎年恒例の楽しみとなっているこの報湖祭。
その原点は、ちょっと意外なところにあるようです。

時は大正時代にまでさかのぼります。
当時、山中湖と寮用地契約を結んだばかりだった東大。その東大生たちが、大正15年8月10日に山中湖畔で湖上花火大会を催しました。
これが最初の花火大会であり、昭和に入って間もなく「湖の恵みに感謝する祭典」として毎年8月1日に施行するものと決定されたそうです。この時行われた話し合いには、かの徳富蘇峰も加わっており、湖に報いる祭り=「報湖祭」の名付け親となったとか。

ちなみにこの東大寮、ラジオ、電話と、その他にも山中湖にとっての「はじめて」をもたらしています。
当時の村民たちは、この寮を通じて東京の風を感じていたのかもしれませんね。



☆花火に関する当館蔵書は以下をご参照ください
 日本煙火協会職人の技が光る花火の大図鑑』※児童書

☆山中湖村の歴史に関する当館蔵書は以下をご参照ください
 吉田チヱ子『山中湖周辺の民俗
 山中湖村教育委員会『山中湖村の史話と伝説


[PR]



by lib_yamanakako | 2017-08-02 20:05 | 山中湖イベント

ブログ、再開いたします

みなさん、はじめまして!
4月よりライブラリアンとして勤務している羽田(ハダ)と申します。
今後は業務の合間にブログ更新をしていきたいと思いますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

さて、お察しの通り私は、先祖代々山中湖に住む生粋の山中湖村民です。
「ハダ」「タカムラ」「アマノ」、山中湖周辺に多いのがこの三大苗字。
気になる方は、当館にお立ち寄りの際タウンページをちらっと覗いてみてください(笑)

そもそもなぜ「ハダ」姓が多いのか?
”徐福伝説のことね、知ってるよ”という方も多くいらっしゃるかもしれません。
この伝説、ざっくり説明すると、
今から約2300年前、時の皇帝の命を受けた徐福が、不老不死の薬を探し求め蓬莱=日本へ出立した…という物語のようなお話。
その徐福の臣下である秦氏一族が、山中湖村に住み着き、現在の羽田家の祖先となった、という言い伝えがあります。

吉田チヱ子氏の『山中湖周辺の民俗』(2004)には、次のような記述があります。
「長池はもと長生村と呼ばれ徐福らの住んだ長寿村といわれ、住民は秦氏であるが現在は羽田と改姓している」

実際にこの長生き村(長池)の畑から、
「秦」姓の印が発見されているようです。

また、この時に中国式機織り産業がもたらされ、
以降郡内地方では織物産業が盛んになったともいわれています。
この流れから、忙しい女性に代わり男手の作る太くて硬い”吉田のうどん”ができたのかと思うと、たいへん興味深いですね!

数々の研究もなされ、ただの伝説に留まらないほどの信ぴょう性を帯びた徐福伝説。

みなさんも、ご自身の苗字の由来を調べてみると
案外こんなロマンあふれる話が隠れていたりするかもしれませんね!



☆当館所蔵の徐福に関する本はこちらをクリックしてご覧ください

☆苗字について調べてみたい方は以下をご参照ください(他数点所蔵ございます)
 竹内理三『角川 日本姓氏歴史人物大辞典』19 山梨編
 丹羽基二『地名苗字読み解き事典

[PR]



by lib_yamanakako | 2017-07-20 18:16 | 雑記

文学の森フェスタ 初日

文学の森フェスタが始まりました!

本日は
10:00~オープニングコンサート
13:30~ベストボディコンテスト
が行われました。

その他催しを毎日開催しております!

7月30日~8月1日まで開催しております。

明日7月31日は
11:00~劇団やまなみ公演(山中湖情報創造館研修室)
13:30~森のコンサート(三島由紀夫文学館横庭)

7月30日、31日限定で、三島由紀夫文学館横庭の森のコンサート会場にて、
富士pizzaさんのピザ無料配布があります!

みなさんぜひとも、この夏は山中湖村文学の森へお越しください。
b0341435_14344549.jpg
b0341435_14345555.jpg
b0341435_1435255.jpg

[PR]



by lib_yamanakako | 2016-07-30 14:35 | 山中湖イベント

山中湖で泳ぐ場所はありますか?

情報創造館までたどり着いたドイツ人観光客の人組に、今日、そう聞かれました。二週間だけの短い日本旅行だそうです。どうも山中湖にがっかりした様子で、せめて泳ぎたいと思っていたらしく。

遊泳禁止だと聞いたことがあって、そう伝えました。

なぜ?汚いの?と聞き返されたら、水温が低くて危ないとか、日本では湖は泳がないものだとか、そんな半端な返事しかできませんでした。二人は残念がっていて海で泳ぐ場所を探すことにしたそうです。

このエピソードでまず頭に浮かんできたことは、山中湖ってあまりヨーロッパ人観光客向けじゃないんだなー、と。

前からうすうす思っていたことです。私だって泳ぎたいし。

なお、ドイツ人二人との会話からすれば、静かなところを求めてやってきたようです。しかし山中湖畔はまず道路が近く、気持ちよく散歩するスペースも狭くて湖畔でゆっくりできる場所がかなり少ないですね。

車を出て、美しい場所でのんびりゆったり時間を過ごすこと。私も含めて多くのヨーロッパ人が求めることだと思いますが、山中湖でできるでしょうか。

汚いの?という質問も引っかかります。もしかすると、遊泳禁止ということは「汚い」という印象を与えてしまうのでは。

湖で活きる観光地として、これは要らないイメージダウンではないでしょうか。

以前からもやもやと感じていたところですが、ドイツの2人組との出会いによって表現できるようにまで形を成しました。


余談ですが、図書館って意外と観光案内所の機能も付いているのですね。


Olle Berg


[PR]



by lib_yamanakako | 2015-08-09 20:09 | 雑記

山中湖情報創造館のスタッフによるブログですよー。
by lib_yamanakako
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

夜、爪を切ると…⁉山中湖村の俗信
at 2017-09-19 19:14
秋の気配
at 2017-09-14 20:29
山中湖で音楽イベント開催中
at 2017-08-25 21:19
毎晩映画上映中!
at 2017-08-06 19:39
報湖祭
at 2017-08-02 20:05

外部リンク

ファン

ブログジャンル