山中湖情報創造館スタッフブログ

<   2014年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧




投稿第2号

こんにちは!スタッフの大日方です。
妖怪ウォッチが流行っていますねー。子ども向けアニメですが面白くてつい見ています。
今後ブログに参加予定の野崎さんは、コマさん押しだそうです。
最近は妖怪の本全般が人気です。特集コーナーは怖い話一色。
オーレさん推薦の海外小説が混ざっているとか?普段読まないジャンルですが、この機会に手を出してみようかと考えています。
b0341435_18103321.jpg

[PR]



by lib_yamanakako | 2014-08-18 18:11 | 雑記

投稿第一号 

こんにちは。情報創造館のオーレです。

雨の日なのに山中湖に観光客の姿が依然として多く見当たりますね。さすがお盆休み。さすが山中湖。

さて、図書館のブログができた訳ですし、活用せねばと思って作業の合間に書いていきたいと思います。
もともとブロッガーではないので投稿第一号でどんなことを書こうかと少々迷うところはありましたが、いつの間にか「これしかない」と思うようになりました。

私の読書の原点について少し話しましょう。

皆さんもおそらく大好きな本や自分の趣味・思考を大きく影響した本はあるでしょう。あるいは、本じゃなくてもいい、映画や漫画、アニメやゲームでも他のジャンルの作品も同じくらい大きな意味を持つことが多いと思います。
私の場合、文学の世界への扉を開けてくれたのは中学校3年生の時に読んだ『銀河ヒッチハイクガイド』という5巻の小説シリーズでした。
その前も読書は嫌いじゃなかったのですが、主に自然科学ものに興味を持ち、小説は『三銃士』など学校のスウェーデン語(日本でいう国語)の時間で読まされたものしか手にしませんでした。
文学の世界は扉の鍵穴からちょっと覗いた程度です。

『銀河ヒッチハイクガイド』も学校で読みましたが、自由に選べる本のなか友人に勧められてこれにしたのです。そして著者ダグラス・アダムスのロジック遊び、ユーモア、シュールな世界観、とにかく溢れ出す遊び心と想像力に圧倒された。
今思えば、中学生の私はその半分も拾えなかったかもしれませんが、人間のばかばかしさや傲慢をデフォルメして鋭い風刺SFとして表現するのはシリーズの大きな特徴に見えます。当時はただ単に解きに必死に笑いをこらえながら5冊を一気に読んでしまいました。

その後、自分から本を読むようになりました。高校のときに読書を大事な睡眠時間を奪ってしまう「闇の力」(「闇の引力」というべきか?)とまで呼ぶようになりました。

ちなみに、ダグラス・アダムスは2001年5月に49歳で若く亡くなりました。
毎年5月25日に、彼の人生と執筆活動に敬意を込めて全世界のファンは国際タオルデーを祝います。祝い方は、どんな場所でも1日中タオルを持ち歩くだけです。

なぜタオル?
大宇宙一便利なものだからです。


b0341435_1844349.jpg

b0341435_1812212.jpg

[PR]



by lib_yamanakako | 2014-08-12 18:29 | 本の紹介

山中湖情報創造館のスタッフによるブログですよー。
by lib_yamanakako
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

プチ特集コーナー・ワイン
at 2017-11-13 17:20
紅葉まつり開催中!
at 2017-11-05 19:35
International ..
at 2017-11-02 18:02
トリック・オア・トリート
at 2017-10-27 21:00
風生庵ライトアップ
at 2017-10-23 20:06

外部リンク

ファン

ブログジャンル